粗大ゴミで回収された家具を綺麗にして再利用

いらなくなった家具をあらたに再生

粗大ごみ以外の処分方法

不要になった家具を処分したいとき、一番さきに思い浮かぶのは粗大ごみとしての処分方法でしょうか?
購入してから日も浅く、まだまだ使えそうな場合はもったいないなぁと思う気持ちが湧いてきたりしませんか?
MOTTAINAI!は、もはや日本語の枠をこえて、グローバルスタンダードになってきています。
粗大ごみとして処理をしたい場合でも、実はゴミとして処分したつもりでもその後、自分が気づかないところでリユースされていたりするのです。
通常は、コンビニなどでまずは所定の規格に応じた粗大ごみ引き取り券のシールを買うところから始まります。
自治体のホームページなどで粗大ごみで検索すると、家具や自転車、家電などいくつかの項目にわかれてそれぞれどのシールを買ったらよいかが明示されています。
注意しなくてはならないのは、こたつなどワンサイズだけではなく長方形のものなど、サイズが大きい場合です。
大型ですと通常は料金がかわってきます。
自宅で、メジャーで長辺と奥行きなど規定のサイズ内でおさまっているかどうか確認してからシールを貼りましょう。
状態のよい家具であれば、清掃センターなどで業者がクリーニングをしたのち、再生家具として格安で売りにだされたり、抽選で引き取ることができる自治体もあります。
こうした再生家具は、年度末などに地域のコミュニティセンターなどで展示され、その場で競売にかけられたり、抽選で希望者に引き取られていきます。

TOPへ戻る