粗大ゴミで回収された家具を綺麗にして再利用

いらなくなった家具をあらたに再生

回収業者をみきわめよう

回収業者をえらぶ

世の中には、実にたくさんの不用品買い取り業者が跋扈しています。
自分から、質屋やリサイクルショップなどにわざわざ持ち込まなくても、連絡なしに押し売りまがいに、自宅にやってきたというトラブルもあります。
買い取り業者が、高圧的に商談をもちかけ、家の中の貴金属などを追いはぎのように買い取っていったというトラブルも耳にします。
リサイクル品には、それだけ世間の需要があり、業者側としてもうまみがあるということなのでしょう。
高くかいとります!手数料運搬料不要!ということをうたっている業者もありますが、買い取られていった家具がその後違法に取引されていたり、個人情報が流布していったというトラブルも実際にあります。
まずは、業者が古物商の許可番号をとっているかどうか、産業廃棄物収集運搬業としての許可をとっているかどうかは確認をしたほうがよろしいかと思います。

引っ越し業者にたのむ

近年は、引っ越し業者の中に、不要になった家具の買い取りや引き取りをしているところが増えてきています。
業者によっては、買い取りは製造から何年以内という条件があります。
また、家具の損傷具合やノーブランド品であるなど、市場価格によっては買い取りでなく、有料引き取りになるなど、それぞれ規定はあるようです。
引っ越し業者は、運搬のプロですので、しっかり養生をして家の中や家具を傷つけずに運んでくれます。また万が一に傷がついたりといったことがあれば、損害賠償保険がおりるなど、アフターサービスなども充実しているところもあります。
料金の相場というのもおさえておきましょう。
実際の見積もりと、大きく差があるかどうか、料金が明確であるか、安すぎないかというところもチェックポイントです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る